がん保険の加入を薦められる理由

がん保険の加入を薦められる理由

がん保険の加入を薦められる理由 生命保険と一口にいっても、その種類はかなり細分化されます。
医療保険、介護保険、個人年金保険、そしてがん保険などです。この中で特異な立ち位置にあるのががん保険で、その名のとおり、がんの治療にのみ適用される保険です。

医療保険でもがんはカバーでき、また必ずしもがんに皆が罹患するわけでもないのに、がん保険として単体で売られ、一定の市場を持っていることには、この病気が「特別」であることが関係してきます。

まずがんは、日本人の死因の第一位を占め、3人に1人ががんに罹患するといわれているほど、メジャーな病気です。それでいて、完璧な治療法がまだ見つかっていない病気でもあります。
医療の進歩により治療技術も前進して、がんがイコール死をもたらす病気、という認識は改められつつありますが、それでも進行状態によっては、未だ完治することが困難な場合も少なくない病です。
そのため、治療には多くの時間と費用を要することもまた少なくありません。

このため、未だがんは身近ながら厄介な病気として存在しつづけており、対策のために「わざわざ特別に」個別の保険をかける必要を多くの人が感じているのです。
その民意の形をとったのが、がん保険なのです。

もちろんあくまで不要だと感じる人もいれば、蓄えがあるから大丈夫だという意見を持つ人もいます。そういった考えを持つということもまた、それは個人の自由です。
あくまで判断は自分自身で入るか入らないかを判断すればよいのです。

お知らせ